フリーダイヤル
製品概要導入事例お問い合わせ会社概要お知らせ
補光用LED電球とは
  • 植物に合った波長による効果をもつLED電球を導入することで、 植物の成長促進に期待できます。
  • LED電球を利用し、 日照不足や曇天などの悪天候に左右されず、 効率的に農作物を育成し、 安定した収穫量を確保できると報告されています。
  • 蛍光灯や白色電球に比べ消費電力が少なく長寿命なので、 省エネやコスト削減にも繋がります。
補光用LED電球の特徴
成長期の補光目的として早朝や日没後に使用することで、 収穫量を確保する事ができます。
菊・大葉などの花芽・開花抑制にも使用されています。
菊・トマト・大葉・苗などの補光用に適しています。
60Wの電球を使用されている生産者様は80%程度、 消費電力を抑えることが可能です。
※当社推定値
こんな方におすすめ
日照時間が短くなると開花が早まってしまうため、 夜間に光を当てることで昼間の長さを勘違いさせ、出荷時期の調整が可能です。
大葉
日照時間が短くなると花芽がでて成長が止まってしまうため、 LED電球を使用することで昼間の長さを勘違いさせることが目的です。
品質管理・育苗用・補光用として様々なユーザー様にて導入実績があります。
また、夜間作業時の照明としても活用されています。
いちご用LED電球の特徴
日照時間の減少で草勢が衰え収穫量が減ってしまうことを防ぐため、 人為的に春のような環境に近付けることで収穫量を確保することができます。
雨天や曇天時に使用することで光合成を促進します。
クレマチスなどの花卉の補光用としても使用実績があります。
60Wの電球を使用されている生産者様は80%程度、 消費電力を抑えることが可能です。
※当社推定値
オプション品
スズランコード
スズランコードの特徴
・分岐部
防水・耐久・耐熱性を重視した熱可塑性樹脂を採用
・ソケット部
割れない・つぶれない・劣化しないを可能にし耐久・絶縁・衝撃吸収を実現
ハウスの長さ(全長・支線)、間隔などご要望に応じて承りますので、 お気軽にお問い合わせください。

TOP 製品紹介 導入事例 お問い合わせ 企業情報 お知らせ ブログ 展示会・見学会 Q&A 各種規約について お客様紹介 サイトマップ